ブログ

オンライン英会話を活用するには情報機器に詳しくないと...でも

オンライン英会話スクールは、現在どれくらいあるか分からない。有名どころでは...他社の宣伝になるのは嫌だから名前は挙げないけれど、何とかに何とか、あれに、これ...と数十社はあるのではないだろうか。

小さな個人営業のところは数知れず...数百社? 何しろ、現れては消えるなどで実態は分からない。それに、歴史が浅いこと、何となくいい加減な感じがあること、社会的認知度が低いことなどあって、統計らしきものも見たことがない。

ただ、オンライン英会話のメリットは大きい。「自宅で」「マンツーマンで」「安く」レッスンが受けられる...という新しい形態の英会話教育だから今後もますます普及していくと思われる。現に、大手の会社がいくつも参入し始めている。

これからは、いかに自社の特徴を出すかが問題だろうね。

ただ、その場合いくつかの問題がある。オンライン英会話スクールを運営する上での問題だ。それがオンライン英会話スクールの今後の展開に影響するので少し詳しく検討してみよう。

まず、「自宅で」という問題。

自宅でレッスンを受けられるのはすごく大きなメリットだ。出かけなくても良いので、スクールに通う時間の無駄がない。これは忙しい現代人にとっては極めて大きなメリットだ。

ただしだね。一つ大きな問題がある。それは、レッスンを受けるための状況設定をすべて自分でやらなければならないと言うことだ。特に、コンピュータの設定が問題だ。

コンピュータは、未だ発展途上だ。ユーザーインターフェースはかなり改善されたが、極めて複雑で高度な機械であるためにその操作は面倒だ。それは次のようにいろいろある。

インターネット接続の問題、接続機器のトラブル、ウィルスなどの問題、ディスクデフラグなどの問題...数えたらきりがないほど多い。

そのコンピュータを使っていない人の場合は、もう、絶望的だ。いや、絶望だ。この場合は、そもそも最初からインターネットなど使わないから,オンライン英会話など知りようがない。人から話に聞いても、とんと見当がつかない。その恩恵にあずかれない。これがいわゆるデジタル・デバイドというやつ。

それぞれが長くなるので、ここで全部述べることは難しい。それぞれについて項目を立てて検討してみよう。いずれも、今後オンライン英会話スクールが順調に発展するために避けられない問題だから。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

体験レッスン開講中

さっそく試してみる

お問い合わせ

無料体験レッスンやご不明な点など、お気軽にお問い合わせください!

ページ上部へ戻る