ブログ

ホームベース教員中心のスクールは受講料が安い

さて、今度はホームベース教員中心のオンライン英会話スクールの話。

ホームベースのスクールではあっても、それを運営するためには、小さくてもオフィスは必要だ。教員の募集、面接、研修(まったくしないところもあると思うけれど)、連絡、管理、受講生の連絡、日本からの入金の管理など、たくさんの仕事がある。そのためにはどうしても日本人が一人は常駐して運営しなければならない。

しかし、それ以外は、各教員にお任せ...悪く言えば丸投げしてしまうんだ。つまり、各教員の予約表などを設置し、かつレッスンの回数などを記録するシステムを作っておいて、後は教員が自分から受講生に連絡し、レッスンをする。 そして、教員にレッスン数に応じた給料を払う...わけ。

このホームベース教員中心のやり方のメリットは、運営費が安く済むことだ。何しろ、オフィスは小さくても良い。極端に言えば賃貸マンションの一室で良い。日本人運営者も一人でも良い(アシスタントのフィリピン人を入れて数人)。

さらに、教員も自宅からレッスンをするわけで、レッスン数に応じた給料を払えば良いので安く上がる。(オフィスベースだと、オフィスでの仕事の給料が必要になる...) また、コンピュータの費用も、インターネット接続の費用も、すべて教員の負担なので設備費もかからない。

経費が安いのは魅力だ。このホームベース教員中心のスクールの場合、教員を何百人抱えていても、必要経費はそれほど増えない。出来高払いでレッスン実施回数分しか給与を払わないで済む。うむ、最初にこの方法を始めたスクールは大もうけしただろうね。いや、今でも儲けていると思う。(レッスン単価が安いスクールは、ほとんどがこの方式だ。でないと、1レッスンを安くできない)

ところが、このタイプのスクールは大きな欠点を持っている。それは、教員の管理、監督、研修が十分ではないというところだ。何しろ、教員は自宅にいて自分のペースで仕事するのだから、何をどうやっているか、オフィスには分からない。

ということになると、レッスンの質は落ちる危険がある。受講生への態度や指導方法、内容など、オフィスが把握できない。カメラの見えないところでスマホをいじったり、他の内職をしたりする教員がいても、注意することができない。

さらに、教員の担当が変われば、教材もやり方も変わってくる。(購入する教材を決めておけば、ま、少しはましだけれど) とすると指導がばらばらになる。

また、レッスンのキャンセルが頻繁に生じる。この点については次回、もう少し詳しく述べよう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

体験レッスン開講中

さっそく試してみる

お問い合わせ

無料体験レッスンやご不明な点など、お気軽にお問い合わせください!

ページ上部へ戻る