ブログ

検索エンジンの高い評価のためには多くのリンクが必要

目立つためにはどうしたらよいか。つまり、Googleなどの検索で、一番最初のページに掲載してもらうにはどうしたらよいか。
この対策は検索対策(Googleなどに見つけてもらいやすいようにホームページを作成する)と呼ばれる。英語で簡単にSEO (Search Engine Optimize)と呼ばれている。

オンライン英会話スクールに限らずインターネットで活動しようとすると避けて通れない関門になる。もちろん、お金がからまない一般の個人サイトでは特に神経を使う必要はないが、お金がからむとそうはいかない。目立たないと客が来ないのだから。

で、どうするか。それにはGoogleが何を基準に掲載順位を決めているかということを知る必要がある。 ま、たいていのオンライン英会話スクールがやっているので隠すまでもない。

一番大きなのが「外部リンク」というやつ。これは、他のサイト(ホームページ)から自分のサイトにリンクを張ってもらうという手。つまり、そのサイトのページの中に「オンライン英会話」とか、「初心者英会話」、「スカイプ英会話」という言葉を入れてもらい、そこをクリックすると自分のページに飛ぶようにしてもらう。このように、そこをクリックすると自分のサイトに飛ぶようにしてもらうことを「リンクを張る」という。これが大切。

なぜ大切かと言うと、Googleの検索ロボット(機械じゃないですよ、ソフトウェアの一種)は、あちこちのサイトをチェックしては、どれくらい他からリンクが張られているかを調べる。そして、たくさんリンクが張ってあれば、「あ、このオンライン英会話スクールは、いろいろな人が興味をもって、すぐにそこにつながるようにリンクを張っているんだな」と判断する。

多くの人が関心を持つページ、それはとりもなおさず「良い情報を掲載しているページ」ということだから、「それではこのオンライン英会話スクールを上位に表示しよう」ということになる。

なるほどなるほど。では、他のページからリンクを張ってもらえば良いんだ...と、分かってしまう。「なーんだ。SEOなんて大げさな言葉を使っているけど単純じゃん」 ...と考えてはけません。これが難しいのです。

ある日、あなたがホームページを作りました。そして、インターネットに公開しました。はい、誰がそのページにリンクしてくれますか。いちいち関係ありそうなホームページを探し出して「リンク張って下さい」と頼みますか。やっている人は結構いるんです。(相互リンクと言うやり方。つまりお互いにリンクを張り合って助け合う)

そうやってたーくさんのページからリンクを張ってもらう。と、あら目出たくも...上位に表示。

かつてそう言う時代があったようなんですが、最近はダメなんだな。

では、オンライン英会話スクールの大手はどうやっているか。言葉が良くないけれど「お金でリンクを買う」という手があるんです。次回、詳しく。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

体験レッスン開講中

さっそく試してみる

お問い合わせ

無料体験レッスンやご不明な点など、お気軽にお問い合わせください!

ページ上部へ戻る