ブログ

インターネット上の存在がどうやったら目立つか

さて、オンライン英会話スクールを作って、ホームページを作りました。そこからインターネットで目立つための対策が始まる。

いくら立派できれいなホームページを作成しても、それを見てもらえなければ何にもならない。だから何とかして目立たなければならない。目立って、自分ホームページを訪問してもらってこそアピールできるわけだし、関心を持ってもらえる。

ここのところがオンライン英会話スクールでは最も重要なんだな。なにしろインターネットがすべての世界だ。インターネットの世界で目立たないと客は来てもらえない。だから、すべてのオンライン英会話スクールが目立つように工夫をしている。事実、お金のある大手の先行団体は、とにかく目立つ目立つ、あっちに行ってもこっちに来ても、「英会話」とか「スカイプ」とか、しまいには「海外旅行」とか、とにかく英会話に関係ありそうなところには必ずと言っていいほどそういった団体の広告が出ている。

ASET Schoolは、残念ながらお金がない...と言うか、長期的視点から創り上げて行くつもりだから、そういう宣伝はやっていない。だから、まったく目立たないんだなぁ。ま、それで良いんです。ぼちぼち受講生さんが入って来てゆっくり着実に発展しているから。(負け惜しみです。はい)

さて、目立つための対策だが、それには三つある。以下に詳しく見ていこう。

一つはお金をかける広告だ。これはテレビのCMのようなもので、お金をかけて宣伝会社に作成してもらいインターネットのあちこちで目立つように掲示してもらう方法。インターネットであちこち見ていると出会うあれだよね。お金さえあれば、あちこちに表示されるので目立つことは簡単だ。上に述べたように大手はかなりのお金をかけている。(インターネットの広告会社の担当者から聞いたけれど、一月数百万円かけているところもあるそうな。ワァォですなぁ。ASET School なんか月3万円だよ... ^ ^;

もう一つは、宣伝費をかけなくても検索エンジン(Googleなど)で、「オンライン英会話」などのキーワードで検索すると最初に表示されるページ(トップページと読んでいる)に掲載されるようにする方法だ。スクール名と説明が出るだけなので、派手な広告のように見栄えのする画像もなく目立つわけではないけれど、とにかくトップページに表示されれば、「ああ、こんなスクールがあるんだ」と気づいてもらえる。本来ならばこれが一番正当なやり方だと思うのだけど、なかなか難しい。

最後に、口コミや紹介サイトに掲載してもらう方法。つまり、「このスクールはお勧めですよ」とやってもらう方法。

一つ目については単にお金さえ出せば良いわけだから、特に話すことは無いけれど、二つ目と三つ目は、いろいろと問題もある。この辺りを次回から詳しく考えてみよう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

体験レッスン開講中

さっそく試してみる

お問い合わせ

無料体験レッスンやご不明な点など、お気軽にお問い合わせください!

ページ上部へ戻る