ブログ

オンライン英会話の現地にて(10) 大都市が消滅しない理由

トフラーの予言が実現していない二つ目の理由は、人間という動物の特徴だ。

一人で机に向かって仕事をするのが好きな人も多いけれど、また、一人の世界に逃げ込みたい気分になることも多いけれど...人は、他の人と一緒にいることを好む。特に話をする訳ではなくても人がいると安心する。一人で家に籠もってごらんなさい。人恋しさでおかしくなる。例外はあるけれどね。(この辺り、関心のある方は社会心理学などと呼ばれる領域の本を読まれると良いだろう。筆者も仕事の必要上読んだけれど、専門ではないんで、間違えたらごめんなさい (^ ^; ま、そんなこともあまりないけれど。

突然話が変わるけれど、動物にはライオンなどのように数頭からせいぜい十数頭のグループしか作らないものと、ヒツジなどのように大きなグループ作るものとがいる。前者は肉食動物で、後者は草食動物だ。

理由は簡単。肉食動物は強いから自分で自分の身を守れるし、獲ったエサを分けるには仲間は少ない方が良い。一方草食動物は弱いから集団で身を守る必要があるし、エサは地面にいくらでも生えている。

ここで、また話が変わって(ごめんなさい、脱線続きで)、超非現実的な空想...ライオンにどんどこどんどこエサをやったらどうなるだろう。たとえば、アフリカのサバンナの特定の場所に、毎日ヘリコプターでどんどんエサをまく。ま、どんなエサかは別として、とにかく毎日毎日、そこに来るライオンが食べきれないほどのエサをまく...すると、ライオンの大集団ができるだろうか。(誰がやるか! そんなばかなこと! はい、もうアホな空想はやめます)

さて、人間の話。最初の頃(アフリカ辺りで発生しヨーロッパや中東からアジアに移っていった頃、旧石器時代)などは、狩猟・採集の生活だから、肉食的で小集団だったけれど、農業技術の時代は草食的になって、エサが安定かつ多量に確保できるので定住し大集団になった。これが、ライオンにエサをたくさんやったら...と言う空想の始まり...(^-^;

ともあれ、大集団が発生した。それは、近くに集まった方がエサを作って配分するには(農産物や工業製品の製造、輸送には)都合が良かったからだけど、情報化の時代になって、近くにいなくてもエサを作ったり運んだりすることが可能になっても、やっぱりばらばらにならずに近くに集まって集団を作っている。

ま、情報化社会は始まったばかりだからまだ結果は分からないけれど、どうも人間は集まりたがる傾向があるのではないかと思う。ライオンやヒツジは、DNAの鎖の上に他のグループと「離れる」、「集まる」と言う遺伝子のっかってる...と思う。(だから、ライオンにエサを...と言うアホな話を思いついたわけ) で、人間の場合は、遺伝子の上に「集まる」という遺伝子がのっかっているのではないだろうか...と、ここまでは非現実的な妄想。でも、案外正しいような気がする。

さらに、人間の場合、大集団(大都会)の方が、「エサをとる」(職を見つける)機会が多いし、「子孫を残す」(伴侶を見つける)のにも都合が良い。

さらにさらに、人間は、食べて子孫を残すだけではなく、それ以外にも、芸術やスポーツ、その他の活動をする。こういった活動はたいていは仲間とか、リーダー、指導者を必要とする。しかも、その多くはテレビ画像だけではなく、実際に接して一緒に行動する。だから、集団に加わった方がそういう活動には都合が良い。

少し話は変わるが(またかよ!) スミマセン…

東京のような大都会に住んでいると、人口の少ない県などに旅行したときに「寂しさ」を感じることがある。駅前の店の少なさ、人通りのなさを見ると何となく寂しく、心細く感じるのだ。(ちなみに筆者も、ある県の人口15万人くらいのある市の出身だ。時折帰るが市の中心部も賑やかというにはほど遠い)

まあ、慣れの問題だけれど、それ以外に「華やかさ」、「楽しいことが一杯ありそう」という雰囲気を都会は持っている。それが若者を引きつけるし、一旦そこに住んで、慣れてしまうと出身地の町に帰れなくなる。

もちろん例外はあって、UターンとかIターンと呼ばれる、都会から地方に引っ越す人もいる。自然豊かで、ストレスの少ない田園生活を求める人たちもいる。

ともあれ、集団を作る傾向、大都会の持つ魅力など考えると、うーん。分散型社会はなかなか難しいのではないだろうか。

オンライン英会話の本拠地、フィリピン、マニラ市は、かくして人々を惹きつけ、人口が増大し、通勤がますます大変になり...ASET School の教員も遅刻することが...

フィリピンのようにどんどん発展している国は、ビジネスチャンスも、リクルートチャンスもあるのでオンライン英会話事業の展開にも好都合なのだけれど、一方、交通事情の悪化が事業のスムーズな活動にはとっても困る問題になる...うーん、ずいぶん遠回りしたけれど...フィリピンの交通事情...「風が吹けば桶屋が儲かる」って知ってますか? そんな感じの話でしたね。 (^-^;

次は、分散型社会とオンライン英会話の関連...

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

体験レッスン開講中

さっそく試してみる

お問い合わせ

無料体験レッスンやご不明な点など、お気軽にお問い合わせください!

ページ上部へ戻る