ブログ

フィリピン人は、会社の対応によってきちんと働く

「いい加減」だと言われるフィリピン人も、会社のやり方次第ではきちんと働く。これはいくつかの事例から十分に想像がつく。

まず、日本に来たフィリピン人だ。彼らは、さまざまな職種(言葉の壁があるので、レストランとか工場など、単純作業がが多い)につくのだが、そこで、一応きちんと働くのだ。ま、日本人ほど正確、確実でない人もいると思うけれど、少なくとも日本の会社できちんと働けるのだ。

このことは、当スクールの初代マネージャーであった女性教員の旦那さん(日本人で優秀な人だった)が言っていた。シンガポールのさる世界的な企業で彼が働いていたときに経験したそうだが、シンガポールに来て働いているフィリピン人が実にきちんと働くのだそうだ。だから、各部署のマネージャークラスはフィリピン人が多いとか。シンガポールは給料が良い。その給料や地位を失いたくないということもあるのだろうが、フィリピンでは考えられないほどよく働く...と。彼はフィリピンも長いからフィリピン人のことをよく知っている。

では、フィリピン内では全くだめか...と言うと、そういうわけではないんだな。会社によってはきちんと働いているのだ。その一つが前回触れた「コールセンター」という業種。

コールセンターについてはご存じの方も多いと思うが、要するに企業の電話案内所だ。さまざまな問い合わせや苦情の電話に対応するのだ。で、このコールセンターがフィリピンには結構ある。

その理由は簡単。フィリピンは公用語が英語だから国民全員が程度の差はあれ英語を話す。だから、大学を出てまあまあきれいな英語を話せる人であれば、電話相談業務には十分耐えられる。また、フィリピンは一時的にスペインの支配下にも入っている。そのために、スペイン語を話す人も多い。

こういったことから、英語圏、スペイン語圏の企業が、人件費の安いフィリピンにコールセンターを作るわけだ。

このコールセンターは本国の企業の一部門なので、フィリピン人といえど、服務規律は極めて厳しい。細かいことまでは聞いていないが、とにかくきっちり労務管理をやっている。そのために、コールセンターは本国の企業同じようにきちんと機能しているようだ。

何でコールセンターに詳しいかと言うと、当スクール勤務の教員の中でコールセンターで働いたことのある教員が何人かいるのだ。その連中から聞いた話だから、間違いがない。

では、なぜオンライン英会話スクールの先生にいい加減な人が多いのだろう。いや多いとは言わないが、結構いるのだろう。コールセンターなんかだときちんと働くのに...と筆者は考えていて、最近ようやく理由が分かってきた。

なんて、余談を話している内に文字数が尽きた。その理由については次回に書くことにしよう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

体験レッスン開講中

さっそく試してみる

お問い合わせ

無料体験レッスンやご不明な点など、お気軽にお問い合わせください!

ページ上部へ戻る