ブログ

英会話をすると言うことは、覚えた文章を話すことではない

オンライン英会話のもたらしたものの二つ目は、「英語でしゃべる」ということの本当の意味を日本人に教えたことだ。

「英語でしゃべる」ということはどういうことだろうか。特に初心者にとってどういう感じなんだろう。

日本人は、英語でしゃべることを、学校や本で学んだ英語の文を使って、きちんとした発音でしゃべることと考えている。

間違いではないんだな。うん。確かにそういう面はあるんだ。学んでいなければ、英語はまったく話せないからね。まず、最初に単語や文を学ばなければならない。

ところがだ。オンライン英会話などで先生とマンツーマンで話をすると分かるのだが、学校でならったり、本で読んだりした英文がほとんど出てこないのだ。

だって、その会話の状況に合った英語なんて、ぱっと頭に浮かばないんだ。ま、「ハウアーユー」とか、「ナイストゥミーチュー」なんて定型文は出てきやすいけれど、「家の近くの公園にはハトがいっぱいきて、えさをもらってる」なんて文は、それはもう、まったく頭に浮かばない。だいたい、そんな場面にぴったりの英語を習ったかどうか...

ここのところを強調しておきたい。「○○ラーニング」とか、「○○メソッド」とか言うテープを聴いたり、文章を繰り返すだけの学習法をいくら続けても、英会話上達の効果は低い。「効果がない」ではなく「低い」のだ。

で、オンライン英会話で会話をすると、そんな昔に習った英語の文ではなく、知っている単語を知っている基本的な文型に当てはめて何とか話すしかない。 その文が正しいかどうか分からないけれど、とにかく単語をくっつけて、自分の考えを相手に伝えようとがんばるしかない。

実は、これが英会話の出発点なんだ。

頭に浮かんだ単語を、大体の英語の語順で並べる...うん、これが英語のスタートであり、おそらく長く続く現実的な英会話のパターンなんだろうと思う。

そのうち、そのパターンの内、正しく語順で、正確に相手に意味が伝わるものが増えていく。もちろん、先にあげたような「英文リスニング」や教科書リーディングで覚えた文型も、「得意技」の中に入ってくる。

これは「日本語が多少分かる教員」によるレッスンや「日本人のグループ」での英会話レッスンではできなかった。日本語がまったく分からない英語教員とのマンツーマンレッスンだから実現した体験なんだな。

「英語でしゃべること」は、学んだ英文に学んだ単語を当てはめて正確に話をすることではな。そうではなく、とにかく間違っているかどうかは分からないが、知っている単語を知っている語順に当てはめて、何とかかんとか自分の考えを、正確ではなくても良いから伝えることなんだ。

オンライン英会話がもたらしたのは、こういった英会話の実際を体験できるようにしたことだったのだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

体験レッスン開講中

さっそく試してみる

お問い合わせ

無料体験レッスンやご不明な点など、お気軽にお問い合わせください!

ページ上部へ戻る