ブログ

文章の丸暗記記憶が初心者英会話に効果がない

一般の英会話スクールやオンラインの英会話スクールがやっている方法は、大体どこも決まっている。何とかメソッドとか、何とかラーニングなどの、特別な英会話勉強方もある。

こう言っては失礼なんだけれど、どこも似たり寄ったりなんだ。文章を繰り返して聞いたり読んだりし、文章を覚えることで英会話力を上げる...と言う主張なんだ。

それが全く役立たないとは言わない。効果がないことはない。ただ....初心者が英会話力を上げるという点では効果が薄いんだ。

と言うと誤解されるかも知れないので正確に言うと、「リスニング」は伸びる。それは間違いない。英会話が「聞く」と「話す」の二つの要素からできていると言う意味では、上に上げたような方法で「英会話力」は伸びるには伸びるんだ。

ただ、「話す」力は伸びない。いや、少しは伸びるかな。しかし、しっかりとは伸びない。これは、絶対に間違いない。だから、「聞くだけでぺらぺら」ということは絶対にない。(いや、絶対にないまでは言えないな、たまに例外があるから) どうしても「話す」練習が必要なんだ。

と言うと、「文型の変形練習をたっぷりやると話す練習にもなるから、効果がある」という反論が出てきそうだけれど、それは、「決まった文」とその「わずかな変形文」を繰り返し、丸暗記しているだけで、本当の意味で話していることにはならない。

「本当に話す」と言うことは、「自分の言いたいこと」を英語で言う事なんだ。決まった文を繰り返し覚えても、その文を使える場面、ぴったり当てはまって使える場面なんてほとんどない。だから、英文繰り返し勉強をやっても、結局「話せない」ということになるわけだ。特に、初心者には効果がない。いつまでやっても思うように話せるようにならない。(挨拶文や自己紹介文、電話での最初のやりとりの文などは、役立つけれど)

これが文章の丸暗記の限界なんだな。

では、初心者はどうしたら良いか。それはもう、しつこく言い過ぎるほど言ったけれど「文の決まりを覚える」ことだ。

Be 動詞は現在形が3つある。”is”,”am”,”are”だ、これの使い方、”I”は「私」、”you”は「あなた」、”he,she”は「彼、彼女」の時に使う。
疑問文では、これが先頭に来る。否定文ではこれにnotがつく。

これだけの知識があれば、後は単語をつなぐだけで実にたくさんの文が作れる。

  This is a dog.
  He is a teacher.
  That book is expensive.
  My breakfast is rice and misosiru.

最後の文はちょっと変だけれど意味は通じる。

後は、単語を覚えた数だけ多くの事が言えるようになる。

この方がはるかに効率が良いと思うんだな。これを何とかうまく生かす指導法を考えているところだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

体験レッスン開講中

さっそく試してみる

お問い合わせ

無料体験レッスンやご不明な点など、お気軽にお問い合わせください!

ページ上部へ戻る