ブログ

フィリピン人の発音の善し悪し:偏見が生まれる理由

フィリピン人の発音は欧米人ほど正しくないしきれいでもない...この偏見の壁は極めて強固だ。それがオンライン英会話スクールの普及にはマイナスの効果をもたらしていることは想像がつく。

ま、それも無理のないところがある。前にも少し述べたが、アメリカや日本で働くフィリピン人は単純労働者や飲食店などで働く人が多い。ま、正確なところは分からないが、きちんと大学まで出た人は少ないように思う。

とすると彼らの英語は訓練不足であるために、オンライン英会話スクールで働くフィリピン人教員(きちんとした大学を出た英語の教員)に比べると...なまりはあるだろうね。とすると、そういう人たちの英語を聞く機会があれば、そして、その英語が分かる人であれば、「フィリピン人の英語は聞き取りにくいなぁ。なまりが強い」と思うだろう。

また、フィリピンに観光で行った人が現地で接するフィリピン人(店で売り物をしている人、ガードマン、タクシードライバーなど)も、学歴は低い人が多いと思う。この人たちの英語も、したがってなまりが強い。

こういった事実があるために、「フィリピン人の英語は汚い」という偏見が(ある意味正しいのだけれど)できてしまう。
オンライン英会話スクールの教員の英語は決してそんな事はない。彼ら・彼女らの英語はきれいなもんだ。(ま、絶対とは言い切れないのだけれど)

ただ、一度偏見ができてしまうとそれを解消することはなかなか難しい。専門用語で「確証バイアス」と言うんだけれど、自分の信念に合う出来事には、「ああ、やっぱりね」と納得する。 フィリピンに行ってタクシーに乗る。ドライバーの英語がとても聞きづらい。とすると、「ああ、やっぱりフィリピン人の英語は汚いな」と納得する。

確証バイアスはまた、自分の信念に合わないものを排除するという働きもする。オンライン英会話の教員の発音を聞くと「へえー、この人の英語はきれいだけれど、こんな人も『例外的に』いるんだ」と片付けてしまう。「例外」とすることで、自分の信念を守るわけだ。

困ったもんだ。この偏見あるいは、確証バイアスがある限り、いくらオンライン英会話が日本の社会に(日本社会のすべての人にではなく一部の人に)受け入れられ、フィリピン人の英語の発音がきれいだと我々が主張しても、「それは例外さ」とかたづけられて、学校教育に持ち込むことはできない。
本当に困ったものだ。どうしたらこの偏見を解消することができるだろうか。 

正直、その方法はまだ見えていない。ただ、オンライン英会話スクールが発展すれば、徐々に「フィリピン人の英語の先生」の認知度が高まり、抵抗が薄れ...偏見も消えてしまう...のではないかと期待している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

体験レッスン開講中

さっそく試してみる

お問い合わせ

無料体験レッスンやご不明な点など、お気軽にお問い合わせください!

ページ上部へ戻る