ブログ

日本の学校教育では英会話はできるようにならない

筆者がオンライン英会話に出会ったのは3年前だ。筆者の教え子が海外旅行の一部でフィリピンに立ち寄って、そこで英語の勉強をしていた時のこと。
彼が「どうですか、一度フィリピンに来てみませんか」というので、「東南アジアの人々の生活はまだ見たことないなぁ」と....のこのこ出かけたのだ。
そこで、彼がオンライン英会話というのがある...ということを教えてくれた。

筆者は学生を連れて海外研修旅行に行くことが結構ある。そこで、いかに日本人が英語ができないか、また、日本の英語教育の欠陥や硬直性に不満を持っていたので、オンライン英会話の話しを聞いたときに、頭に閃いた。「これを日本の学校教育に組み込めば、日本人の英会話力は伸びる」と。

実は、教育の大本締めである文部科学省もこの点は苦慮していて(と思う)、何とか学校段階に英会話の授業を持ち込もうとしている。その一環が、外人の先生を各学校に派遣して英会話の授業をすることだ。 これは、皆さんの中にも体験者がいると思う。

うん、ま、文科省が努力していることは分かる。ある意味、良い試みだろう。外人が学校で英語を教える。外人に若い頃から接触し、生の英語を聞く。

でも、だね。「英会話」という観点からはほとんど無意味なんだな。「グッドモーニング」だの「アイライクジュース」なんてのを全員でお経を唱えるように言ったり、一人一人言わせたり、英語のゲームを...週1回、それも、数十人を相手に一人で教えて...英会話ができるようになるわけがない。ぜーったい、ふかのー!  それこそ、税金の無駄遣いだね。現に、そういった試みが始まって数十年(まで行かないかな)、日本人の英会話力は伸びただろうか。伸びてないのだよ。

いや、そう言っては失礼だね。そういった教育が中学校、高等学校まで広がった結果、”Nice to meet you. My name is Keiko” くらいは、たいていの若い人は話せるようになった。それだけの話...(ごめんなさい、一生懸命がんばっている現場の先生方、外国人先生方)

英会話は、どうやっても直接「フリーカンバセーション」で訓練するしかないのだよ。それも、できればマンツーマンでね。その意味では、現在行われている中学校、高等学校、大学などの英会話教育は(一部で、少人数、工夫された自由会話などで効果を上げていることろもあるのは知っている)ほとんどが効果がない。

特に致命傷なのが、中学、高校で「英語で授業が出来る」教員があまりいないことだ。教員が英語で授業できれば、授業の一部であっても英語にして、生徒にも英語で答えさせるということが可能になる。 早い話、全部の教員がそれをやれば、前回書いたような「英語恐怖症」なんかはなくなる。

このことは文科省も考えていて、何回かそのような考えを提示しているのだが、実際の教育現場では実施が困難だ。英語の教員が英語を十分に話せないのだから。(ごめんなさい。中学校・高等学校の先生方、特に十分に話せる先生方)

そこでオンライン英会話に目をつけたわけだ。「これだ、これで直接外人と英語をしゃべる機会が作れる」...とね。

嬉しかったねぇ。一筋の光明を見いだした感じだ...だが、オンライン英会話を学校に持ち込むには大きな障害かあったのだよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

体験レッスン開講中

さっそく試してみる

お問い合わせ

無料体験レッスンやご不明な点など、お気軽にお問い合わせください!

ページ上部へ戻る