ブログ

オンライン英会話のもたらしたもの、とりあえず最終回

オンライン英会話がもたらしたものについて述べてきた。この項も、この辺りで一度締めくくろう。

オンライン英会話がもたらしたものとしては、英会話教育にとってプラスになるものとマイナスになるものがあると述べてきた。筆者は、ブラスのものが多いと考える。以下、今まで述べてきたものをまとめる。

プラスの面
・「お勉強英会話」ではなく、実際に役立つ英会話を日本人に提供した。
 これは、大きな功績だった。それまでの英会話というのは、何人かのグループに外人講師が一人、その上で「こういう言い方を覚えましょう」と教えてもらって、それを変形練習したり、応用したりする。それを元に、他の人の発言を聞いてたり、質問したりするものだった。もちろん、そこで、自分のことを話したり、講師に質問したりすることあっただろうけれど、基本的には新しい表現を覚えてその使い方を練習するものだった。これがお勉強型の英会話。
 そこには、他の日本人メンバーがおり、外国人講師も日本語が話せて...

 ところが、オンライン英会話は違った。マンツーマンであり、しかも、講師はたいてい日本語が話せない。どうしても英語をそのまま聞き、英語で返事をしなければならない。生徒は必死になる。もちろん、テキストを使ったりするのだけれど、そのやり方やその他、すべて講師と英語で話をしなければならない。間違っても舌足らずでも、相手に自分の意思を伝えなければならない。相手の言っていることが分からない場合でも、何とか意味を推測しなければならない。

 そう、これが本当の英会話だったのだ。このことを日本人に教えてくれたのがオンライン英会話だった。

・フィリピン人と親しくなることで、国際化を実感させた。
 レッスンで斑入りピン人の先生と話をする。同じ先生と何回もやりとりをする。そうすると、次第にその先生がフィリピン人である...と言う意識が薄くなってきて...とうとう、友達感覚になる。また、フィリピンの事情にも詳しくなる。関心も出てくる。 こうやって、日本人は、始めて直に外国人とつきあう機会を得たのだ。これが、本当の国際化だ。テレビや映画でフィリピンの町並みを見たり、話を聞いたりするといった、薄っぺらな国際理解ではなく、足が地に着いた国際理解を、オンライン英会話はもたらしたのだよ。

マイナスの面
・フィリピン人講師のレッスンが理解できず、英会話恐怖症になる人を増やした。
 特に、英語の苦手な人、中学生などがレッスンを受けると、よほど工夫したところでないと、先生の指示や説明が分からないために、ものすごく恥ずかしい、怖い思いをする。このことは、特筆しておこう。 上で述べたように、日本の英語学校では日本人に囲まれている。外国人講師も日本語を話したりする。そのために、「本当に分からない」経験はない。
 しかし、オンライン英会話は、日本語の話せない外国人講師とマンツーマンだ。答えるのは自分一人だ。逃げ場がない...冷や汗は出る、頭は混乱する。とうとう、なにやら適当に言って、ラインを切ってしまう。こんなことから、英語に対する劣等感が高まり、英語で話すことに対する強い不安感が作られるのだ。

・フィリピン人に対する否定的な感情を植え付けた。
 オンライン英会話は、フィリピン人の行動様式についても、日本人にいろいろなことを教えた。その中に、「フィリピン社会のルーズさ」が含まれている。予約をする。その時間に講師から連絡が入る...当然、時間には連絡が入る....はずなのに入らない。それに、レッスンとは言っても、先生が面倒くさがってフリートークになってしまったりする...こんなことが続くと、「フィリピン人はルーズでいい加減だ」と言う意識(差別意識と言って良いかな)が形成される。これはマイナスだったね。

以上の他にもいろいろとあるだろう。その点は、このブログのあちこちに書いてあるので、みていただければ嬉しい。

物事には光と影の部分があるのは当然だ。オンライン英会話スクールでも同じということかな。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

体験レッスン開講中

さっそく試してみる

お問い合わせ

無料体験レッスンやご不明な点など、お気軽にお問い合わせください!

ページ上部へ戻る