ブログ

日本語を途中に入れないで英語を話すことが英会話で必要だ

「英語を話す」ということについてだけれど、実は、ほとんどの人が考えてもいないことが一つある。 英語を話すためには、日本語を考えてはいけない...と言うことだ。

日本人の英語会話の練習で、間違っているのは、言いたいことを、まず日本語で考えてそれを英語に「翻訳」して英語を話す練習をしていることだ。 これが、だめなんだなぁ。

ま、筆者も若い頃は分からなかった。当時のNHKラジオ英会話の講師で松本亮という人がいた。英会話指導の長いとても有名なかただったが、その方も「英語で考えなければ英会話はできない」とおっしゃっていた。当時の私は、「俺は日本人だ、そんなことができるわけない」と開き直っていたものだが、その後留学して、いつの間にか英語で話すときに日本語を使っていない自分に気づいた。そうなんですよ。英語で考えなければ英語は話せないんです。

前の回に書いたが、人間が話をしたり、文を書いたりするときには、脳の中で、まず考えていること(「表象」と呼ぶ)を、言葉に変換するという働きが行われる。ここに注目してほしい。「アイディア」として頭に浮かんだことを、「言葉」という形にする。これが第一段階。

この時に、どん言葉に変換するか。 それは、その言葉をしゃべる人がいつも使っている言葉に変換される。日本人なら日本語、英米人なら英語、フランス人はフランス語...

「そんなこと当たり前だろ」と言わないでね。 このことが、実は英会話の学習ですごく大切なことなんだ。

日本人が英語を話すときに、英会話が話せない人がやる誤りがここにあるんだ。つまり、

アイディア(表象) → 日本語 → 英語

という流れで英語を話す。

見て分かるように、アイディアが言葉になって出てくるまでに、一度「日本語」に直すという段階が入ってくる。これが問題だ。だって、その後、さらに「英語に変換する」という過程が必要になってくるわけで、アイディアが「英語」として発音されるまでにとても時間がかかってしまう。

では、どうしたらよいのか。 話は、簡単。途中の「日本語」をスキップすればよい。つまり、

アイディア(表象) → 英語

という流れにする。こうすれば、英語で話すのが早くなる。というか、これでないと英会話はできないのだ。

「そんなこと難しくてできない」という方に...大丈夫なんですよ。ASET方式でレッスンを受けていれば、必ずできるようになります。それは保証してもいいです。もちろん、1月や2月ではだめで、ある程度の時間はかかりますが。

一度日本語変換してからやるやり方では、英語は聞くにしても、話すにしてもあまり好ましくない。というか、実用にならない。

聞く場合: 文字・音 → 感覚器官 → その言語の音の判断 → 英語の文章 → 日本語の文章 → 理解 という流れになる。

話す場合: 考え → 日本語の文章 → 英語の文章 → その文章の運動プログラム→ 運動器官 → 書く・話す という流れになる。

このように、読む・聞く場合、日本語を飛ばして、そのまま英語で理解する(英語から直接表象を作り出す)ことが必要だし、話す場合は、その逆に、表象から直接英語の文章に変換して、送り出さなければならないのだ。

この「日本語をスキップする」と言うことが理解されていないから、日本語と英語がセットになって出てくるテープを聴いたり、日本語・英語対照の単語集や文型集を暗記したりすることになる。 もちろん、それはそれで必要だし役立つのだが、そればっかりやっていても話ができるようにはならない。

「実践」なんだな。 どうしても目の前の外人に英語で話をしなければならない状況に追い込まれる。で、頭の中に浮かんでくる英語を必死になってつないでいる内に、 「表象」 → 「英語」 の脳内活動が広がっていくわけ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

体験レッスン開講中

さっそく試してみる

お問い合わせ

無料体験レッスンやご不明な点など、お気軽にお問い合わせください!

ページ上部へ戻る